日商簿記取得を目指すブログ

36歳から始める日商簿記の勉強を綴ったブログ

MENU

ループイフダンでEUR/JPYの両建て


スポンサーリンク

f:id:maccarser:20181025200341j:plain

こんにちは、ムゲンです。

 

簿記のことだけでは話が持たないので、たまには私のやっている資産運用の話でもしてみます。

----------

2019/03/03 追記

現在は、両建て運用を止めています。

理由は英国のEU離脱問題がそろそろ危なそうだからです。

現状はEUR/JPYが下落してきていて、買いポジションの含み損が胸を締め付けています。(笑) 

----------

 

ループイフダン

資産運用の一つとして、FX(外国為替証拠金取引)をやっています。

基本的には裁量トレードはほぼ行わず、システムトレードでどうにかやっています。

その中の一つ、アイネット証券のシステムでループイフダンというものをメインで使っています。

通貨ペアはEUR/JPY

取引で使用している通貨ペアは主にEUR/JPYを両建てで運用しています。

注文間隔は80pipです。

このペアの理由はいくつかあります。

両建ての理由

ループイフダンは、基本的にはポジションを持ち続けて決済を待つスタイルになるので、上がっても下がっても利益を出せる両建ての恩恵が得られやすいと思ったからです。
証拠金も相殺して、あまりかさ張らないというのも良いところです。 

 

*注意*

両建ては一般的に、経済合理性を欠くため推奨されていません。

また、FX会社によっては、証拠金の相殺がない場合もありますので、ご注意ください。

スプレッドが狭い

実質の手数料であるスプレッドはUSD/JPYやEUR/USDに次いで狭い部類です。

とはいっても、システムトレードという性質上、通常の裁量トレードのFX会社と比べるとはるかに高いです。

USD/JPYが2.0、EUR/USDが2.0、EUR/JPYが3.0。

一般的な裁量トレードの口座と比べると7倍くらいですね。

スワップポイントが低い

両建てのデメリットの一つとして、マイナススワップによる利益の減少があります。
EUR/JPYでは金利差が非常に低いレベルで拮抗しているので、プラスもマイナスも少ないFX会社が多いです。
アイネット証券では、買いが-10円前後、売りが+4円前後。

マイナススワップである買いポジションを保持していても利益が食いつぶされる期間が長くなります。

80pipに間隔にしているので、1万通貨だと8000円の利益が一日11円のマイナススワップで削り切られるには何日かかるか。

8000/11=727.27xxx
ほぼ2年は持つ計算になります。

スワップポイントは変動するので確実な結果ではないですが、このペアはしばらくは大きく変わることは無いと思います。

ボラリティが高い

ボラリティが高いのも選んだ理由の一つです。
張り付いてみているわけではないので、不意な乱高下もストレスにならず、むしろ旨味の一つに。
80pip間隔でもそれなりに動くので、一日一回は新規 or 決済が発生するので精神的にも悪くないです。(笑)

デメリット

まず、証拠金が高めです。

1EURが128円前後。

また、両建てによるデメリットとして、大きく片方向に動いたときに含み損を抱え続けることになります。

通常はある程度相場を読んで、値動きしそうな方向に設定して運用するのが望ましいとされています。

あと、常に売り買いどちらかのポジションを持ち続けることになるので、辞め時にはほぼ確実に損切りを余儀なくされます。

そのため、それなりに長期運用しないと利益がでても損切りで食いつぶされてしまう可能性があります。

 

また、EURは英のEU離脱問題で今後大きく動く可能性があり、値幅を広く見て備えておかないとロスカットという最悪の結果もあり得ます。
そのため、リスクもそれなりにある設定だとは思っています。

私はその値動きを旨味に変えて日々ニヤニヤしています。

ですが、本格的に離脱交渉が決裂などした場合、暴落する恐れもあるのでそろそろ手の引きどころを模索しています。

設定

設定は以下の2つをメインで運用中です。

  • ループイフダンB80(EUR/JPY) 損切りなし
  • ループイフダンS80(EUR/JPY) 損切りなし

私は入れていませんが、損切り設定はちゃんと考えて入れたほうが良いです。

 

数量は大体、数量1に対して30万の残高を確保する形で運用しています。

アイネット証券では目安資金表というものが用意されていて、過去3ヶ月~最長10年間の間で発生したレート変動幅が見れます。

また、想定される変動幅に対して、ループイフダンの値幅設定ごとに、目安必要資金が記載されています。

inet-sec.co.jp

 

これを参考に、変動幅をだいたい17円くらいを目安に、必要資金は30万くらいと決めました。

細かい計算はしていなく、結構アバウトです。(笑)

まだ数ヶ月しか運用していないので安定度は不明ですが、動きは結構あるので利益もそれなり、含み損もそれなりに出ています。

 

運用結果などはまたいずれ発表していこうと思います。

 

それでは今日はこの辺で。