日商簿記取得を目指すブログ

36歳から始める日商簿記の勉強を綴ったブログ

MENU

肩こりとの闘い


スポンサーリンク

f:id:maccarser:20181025231702j:plain

こんにちは、ムゲンです。

 

今回は机に向かって勉強をしていて発生した肩こりへの対応を書きます。

 

肩こり対策

過去にもいろいろと試してきたので、その感想などを書いていきます。

液体製品

現状、個人的に最強だと思っているのがこの直接塗る系で、最近は「アンメルツNEO液」というのを使っています。

f:id:maccarser:20181030233336j:plain

直接塗るのですぐに効果が出ますが、日中は匂いが気になる場合があります。

また、寝る前などに使うと、スースーして睡眠の妨げになる場合もあるかもしれません。

私はデリケートなので多分眠れなくなります。(笑)

湿布系

これが一番メジャーな気がします。

昔からよく聞くのがサロンパスやトクホンですかね。

貼る系は肩や首という部位の特性上、自分で貼るのが難しく、粘着部分同士がくっつきがちです。(^-^;

これ貼るのにまた肩が凝る、なんてこともあるとかないとか。

湿布(冷たくて湿ってるやつ)と薄くて乾いてるシートのやつがありますが、個人的にはシートのほうが好きですね。

湿布はネバネバしたのが残るのであまり好きじゃないです。

あと枚数が多過ぎるのを買うと、使い切れないことが多いです。(私だけ?w)

薬剤系

飲む薬もいっぱいありますね。

私が使っているのはアリナミンの錠剤です。

f:id:maccarser:20181030233726j:plain

効果は、、、なんか効いてる気がする?

高いものは小さくして数を減らしてごまかしているものが多いですが、一回で飲む数と内容量と値段を落ち着いて計算して選びましょう。

結構なお値段のものが多いです。

磁気系

これは貼る系とクビにぶら下げる系があります。

貼る系はピップエレキバンとかですかね。

f:id:maccarser:20181030233924j:plain

使ってみましたがイマイチ効果がわかりませんでした。

あと意外だったのが、貼ったら2~3日そのままということ。

お風呂もそのままで普通にはがれませんでした。

ちょっと、かゆくなりました。

クビにぶら下げる系は何度か使ってみましたが、余計に肩が凝る気がしました。(笑)

キット個人差というやつです、キット。

低周波系

低周波系のビリビリするやつ。

これは筋肉を直接動かしてどうにかしようとするやつですが、私は効果がよくわからない人です。

むしろ、余計に凝ったり、疲れたり、なんかそういうイメージがあります。

マッサージ系も同じですね。

普通の人が気持ちいいというものは、たいていが痛いと感じてしまうのであまり向ていないようです。

その他

あとは、体操とか温めるとかよく聞くものはありますが、個人的にはあまりしっくりこないです。

何よりめんどくさいという、最強の盾に阻まれて実現したことがありません。(笑)

やはり向き不向きがあるのでしょうね。

 

総括

というわけで、色々あって今は液体系の塗るやつが個人的には一番効くと思っています。

最近は首が長いものも出てきて、おひとり様でも塗りやすくなってきているのでお勧めです。

肩こりは生きてくうえで必ず戦うことになるといっても過言ではない相手ですが、

それゆえに対応グッズや薬は結構高いことが多いです。

購入時は消耗品であることを意識して、お財布と相談してから買いましょう。(笑)

 

 

それでは、今回はこの辺で。