日商簿記取得を目指すブログ

36歳から始める日商簿記の勉強を綴ったブログ

MENU

ループイフダンでTRY/JPYの運用を考えてみる


スポンサーリンク

f:id:maccarser:20181106001844j:plain

こんにちは、ムゲンです。

ついにループイフダンに実装された、TRY/JPYを運用を考えてみました。

 

今日から実装された6ペア

今日から本番口座でも実装されたのは以下の6ペア。

◆トルコリラ/円(TRY/JPY)
◆メキシコペソ/円(MXN/JPY)
◆南アフリカランド/円(ZAR/JPY)
◆スイスフラン/円(CHF/JPY) 
◆豪ドル/NZドル(AUD/NZD)
◆NZドル/米ドル(NZD/USD)
※メキシコペソ/円、南アフリカランド/円の取引単位は、1万通貨単位。

高金利通貨3兄弟は、設定値幅の問題でトルコリラ以外は微妙らしいですね。

さすがに、あれだけボラリティの差があるのにトルコリラと同じ値幅設定とはね。。。

他の3ペアは正直よくわからないので、さわり(れ)ません。

 

じゃあトルコリラしかないじゃん!

というわけで、トルコリラを運用することを妄想してみました。

まずは暴落することを前提に。(笑)

落ちても-20円、これは意外と心強い支えに感じました。

値幅は1円かな。

数量は最低の1(1000通貨)で。

当然損切りはなし。

当たり前ですが買い(B)設定のみです。

 

  • ループイフダンB100(TRY/JPY)

 

これでやると、1桁台に落ちても10万あれば運用できそうでした。

普通にスワップ狙いつつ為替損益も狙うのであれば、みんなのFXでやればいいんですが。

これなら、テキトーに放置してそのうちなんか利益出てました的な感じにできそう。(笑)

まさに、自動売買の理想形じゃないですか。

 

唯一気を付けなければいけないとしたら、奇跡的にトルコリラ高が異様に進んでしまったときですね。

ループイフダンの基準値も上がっていってしまうので、良~く見えていた底が遠くなる可能性もあります。

25円とか超えちゃったら、必要資金を見直すか、離脱した方が良さそうですね。

 

1000通貨でもスワップは1日10円くらい溜まるはずなので、スプレッド分は一週間もあれば取り返せます。

万が一、指値で決済出来れば1000円の利益+スワップ。

今の値段でなら動かしておいても、抱える可能性がある含み損も限られるので、ひとまず運用開始してみました。

 

まぁ、おそらくは、もっとちゃんと稼げる通貨ペアがあると思いますが、トルコリラ好きとしてはもうやるしかないっしょ!

好きじゃない人は、やらなくてもいいとは思います。

あと、数量は上げ過ぎるとケガするので程々にすべきです。

というか、上げるなら他のFX会社で裁量でやった方がいいですよ、ぜったいに。(笑)

 

それでは、今回はこの辺で。