日商簿記取得を目指すブログ

36歳から始める日商簿記の勉強を綴ったブログ

MENU

確定申告の話


スポンサーリンク

f:id:maccarser:20181125130327j:plain

こんにちは、ムゲンです。

 

今回は画定申告の話を書きます。

副業や、ふるさと納税をやっている人は、確定申告を行う必要があります。

資産運用の税金

FXや株、仮想通貨等で利益が出た場合、確定申告が必要です。

正確には、会社勤めで年収4000万以下の場合、年間で20万円以上の利益が出たらその利益に対して税金が発生します。

FXや株の利益にかかる税率は、利益となる金額に対して、一律で20.315%です。

100万円なら、20,3150円です。

 

仮想通貨は所得税として、累進課税で税金額が決まります。

累進課税とは、利益の金額によって税金額が変わりる制度です。

さらに、合計所得額の計算方法には、「移動平均法」と「総平均法」があり、初めての人を余計に悩ます複雑さがあります。

なので、私は仮想通貨はめんどくさそうでやっていません。(笑)

来年あたり、チャンスが来たらやってみようかお思っていますが。

 

で、この累進課税はかなり分かりづらいし、勘違いされていることが多いらしいです。

私も最初は勘違いしていました。

No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

これを見て、内容をよく理解するとわかるんですが、課税ラインを超えて税率が上がるのは、「その課税ラインを超えた金額のみ」ということです。

超えたら全部その税率になるのか!と思っていましたがそうではないんですね。

 

つまり、195万円を超えて、税率が5%⇒10%に増えるのは、195万円を超えた分のみで、195万円分は5%の税率で計算されます。

上記の国税庁のサイトにある、控除額の部分がこのへんの話を数値にしているんですが、やっぱりわかりずらいですよね。(;'∀')

 

少なくとも、仮想通貨で「195万円超えそうだからちょっと損失出して税率減らそう」というのは無駄なことなので止めましょう、ということです。

 

年間利益が20万未満の場合

年間利益が20万未満の場合、確定申告はしなくても大丈夫です。

ただし、過去3年間の年間収益にマイナスの年がある場合、確定申告はした方がいいです。

その理由は損失分を翌年移行の3年間に持ち越せて、翌年以降の利益から差し引いて税金がかけられるためです。

 

とりあえず簡単に書きますが、今年-50万円の損失を出したとして、その状態で確定申告をすると、来年80万円の利益を出したとしても、払う税金が差額30万円に対する税金のみになります。

本来であれば、

 800,000×0.20315=162,520円

となりますが、上記のパターンで確定申告をしておくと支払う税金が、

 (800,000-500,000)×0.20315=60,945円

となります。

この繰り越しが、損失が発生した年から3年間は維持できます。

だから、仮に今年500万損したら、向こう3年間は500万までは非課税という考え方もできます。

 

この制度、決して得できるわけではなくて、ただ単に損失が穴埋めされているだけなんですよね。

でも、つらい過去(損失)と向き合う必要はありますが、3年以内に取り返せば何もなかったことになる、という前向きな思考でいきたいです。(笑)

3年以内に取り戻せているのであれば、その間の経験がタダで手に入ったとも考えられます。

モノは考えようです。

 

つまり、FXや株で損失を出してしまい、負け逃げするのは本当にもったいないと思います。

かくいう私も、投資1年目で結構な金額(たぶん200万くらい)損しています。

何度か心が折れかけましたが、来年中に取り戻せたらいいなぁ、と思ってます。

 

確定申告ってどうやるのか

会社勤めの場合、普通は会社が年末調整ということをやってくれているはずで、会社の給料以外の収入がなく、その収入が4000万以内の場合は何もしなくていいはずです。

だから、確定申告なんて他人事ですよね。

会社員で年収4000万を超える人なんて、そうそういないですからね。(笑)

 

私の場合は、新卒で入った会社がヘボ小さかったので、会社で年末調整してくれなくて、実は新卒時代から普通に確定申告してました。

といっても、それこそ収入が給与だけの場合、それほど難しくはないんですが、やっぱり初めての時は結構大変でした。

普通の確定申告であれば、簿記の知識なんかなくても全然できます。

特に最近は、国税庁のホームページで色々なサポートもあったりするので、必要な情報を集めてポチポチ入力して、印刷したものを提出すれば終わり、という感じになると思います。

 


スポンサーリンク

 

 

青色、白色、どっち?

会社勤めの方で、FXや株の利益がある人は、基本的に白色になります。

白色でいいというよりは、青色は選べないようです。

白色であればそれほど大変ではないですが、それでも心配であれば確定申告用のソフトを使うとか、思い切って税理士に相談するとかした方がいいかもしれません。

私の場合は、親が自営業で確定申告を毎年やっていたので、タダで色々教えてもらってました。

 

青色は個人事業主の人などが選択できる制度で、税金がある程度控除される代わりに、帳簿を付けたりしなければいけないらしく、素人にはキツイみたいです。

簿記やってたら何となくできそうな雰囲気ですけどね。

 

e-Taxを使ってみる

今年の分の確定申告では、初めてe-Taxを使ってみようと思っています。

e-Taxを使うと、書類の提出がオンラインでできてしまうという、引きこもりにはタマらないものなんです。

必要なものは、パソコンとマイナンバーカードとカードリーダと後はネット環境くらいですね。

パソコン

パソコンは、WindowsでもMaxOSでも大丈夫みたいです。

Windowsの場合は、OSが7、8.1、10、ブラウザがIE11に対応していてるようです。

MacOSの場合は、10.10、10.11、10.12が対応しているみたいです。

マイナンバーカード

これは勝手に送られてきた、ペラ紙の通知カードではありません。

通知カードを使って、作成する写真とICタグ付きのマイナンバーカードです。

これ、持っていない人って意外と多いんですよね。

それどころか、通知カード無いかも。。。 なんて人も結構います。(苦笑)

 

それって結構まずいんで、確定申告とか抜きに、すぐにどうにかしたほうがいいですよ。

お住いの市区町村のマイナンバー担当課で対応してくれるらしいです。

ただし、無くした場所や理由によっては、警察に紛失届を出す必要があるなど、かなり面倒な手順が必要になる場合もあるらしいので気を付けてください。

 

話がそれましたが、マイナンバーカードに付いているICタグを、カードリーダーで読ませて、本人であることを証明して確定申告するみたいです。

マイナンバーカード作っておけば身分証明書にもなるので、もはや私のペーパなゴールド免許なんか必要ないですよ。(笑)

カードリーダー

これは使えれば何でもいいらしいですが、マイナンバーカードを読めないものもあるらしいので、以下から対応機種を確認してから探したほうがいいかもしれません。

www.jpki.go.jp

 

私はAmaonの評価を見つつ、マイナンバーカードに対応いている以下のカードリーダーを購入しました。

f:id:maccarser:20181125134904j:plain

対応カードは、

ISO7816-3準拠接触ICカード

※個人番号カード及びICチップの付いた住民基本台帳カード等

とのことです。

デカデカとe-Tax対応、個人番号カード対応、とあるのでわかりやすいですね。 

 

インタフェースはUSB2.0で、電源はバスパワー(PCと繋ぐだけ)。

対応OSは、

Windows 7/8.1/10 ※各OSの32bit、64bitに対応
OS X v10.11/macOS v10.12/10.13

です。

こちらは、ドライバーのアップデートなどで変更があると思うので、購入時の最新情報を確認したほうが良いです。

 

ドライバーのインストール

購入後は、PCに接続してドライバーをンストールすれば付けるようになりますが、私の場合はWindows10のPCに接続したところ、初期状態ではOSは認識しているけど、デバイスマネージャーでは機器名が正しく表示されていませんでした。

そこで、デバイスマネージャからドライバーを更新したところ、正しく機器名が出るようになっていました。

簡単ですが手順を説明します。

 

Windows10のデバイスマネージャーは、スタートメニューから、設定(歯車のアイコン)から、上部にある検索で「デバイス マネージャー」(デバイスとマネージャーの間に半角スペースが必要です)で開けます。

他にもコンピュータを右クリックでプロパティ⇒システムの左側のデバイスマネージャーでも開けます。

Windows10はデバイスマネージャーを開くための道のりが、なんだかめんどくさくなった気がしますね。(最初わからなかった(;'∀'))

f:id:maccarser:20181124215445j:plain

カードリーダー取り付け時は、上記の「スマートカード読み取り装置」の下が、「Microsoftなんちゃら」、というような表記になっていました。

おそらくWindowsが最低限動くようなドライバーを入れてくれたんだ思いますが、取説と違う表記だったので、念のためドライバー更新を行いました。

個人情報を扱うものなので、やれることはやっておいたほうが良いです。

 

ちなみにドライバの更新は、

上記の機器名(今はACR39U ICC Readerと表示されているヤツです)を右クリック⇒プロパティ⇒ドライバ タブ⇒ドライバーの更新(P)を押して、「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」で後は自動で終わりました。

 

これで準備は完了です。

あとは残り1カ月を駆け抜けるのみ!

現状で確定申告のためにできる準備はこれくらいです。

あとは、残された1カ月で頑張って利益を積み立てて、いっぱい税金払いましょう!

私は絶対マイナスなのでお支払いすることは無いですが。(;◇;) 

 

確定申告自体は、来年の2月16日~3月15日の間にやることになるので、e-Taxの使い心地などはその際にまた書きたいと思います。

 

 

それでは、今回はこの辺で。