日商簿記取得を目指すブログ

36歳から始める日商簿記の勉強を綴ったブログ

MENU

シャーペン 9本目 ZEBRA ニュー スパイラル CC


スポンサーリンク

f:id:maccarser:20181122002653j:plain

 

 

こんにちは、ムゲンです。

使ってみたシャーペンの感想 9本目!

 

ZEBRA ニュースパイラルCC

購入価格:373円

芯径:0.5mm

 

「筋肉への負担が、減りました。」

なんか、変な方向にベクトルが向いてしまった気がする一本です。

筋肉ですか、シャーペンで書くのに筋肉ってあんまり気にしないですよね。(笑) 

 使用感

見た目の違和感は結構ありますが、確かに握った時にしっくり来る感じがあります。

特にグリップより上の方の、ウネウネしてるところが、親指と人差し指の付け根にフィットする感じ。

筋肉云々はよくわかりませんが、握りやすさは確かにスゴイ気がします。

スパイラルライン

と、呼ぶそうです。(笑)

グリップの上の部分は、スパイラルという名前の由来となる、うねりのあるデザインです。

これは見た目の問題ではなく、人間工学に基づいて、握りやすさと疲れにくさを実現したそうです。

手や指との設置面積を増やすことで、フィット感と安定性を出しているそうです。

 

最初に見たときは、ゴツくて持ちづらそうと思いましたが、持つ位置に合わせて適度なくぼみがあり、良い感じに手にフィットします。

それなりに考えて作られているとは思いますが、手が小さい人はちょっと持ちづらいと思う可能性もありますね。

試せるなら、一度手に持ってフィット感を試せるとよいと思います。

三角ラウンド形状クリップ

握る力を効率よくペンに伝えることで、楽にペンを握ることができるようにしているようです。

見た目では、いまいち三角感がよくわかりません。(;'∀')

でも、触ったらグリップにさりげない形が付いていて、微妙に指先にフィットするようになっているみたいです。

 

製図用などの金属グリップのような、がっしり感はないですが、自然と指でつかめていような感じがします。

意識してみないと、わからないくらい微妙でさりげない感じがなんか良いですね。 

総評

シャーペンとしての書き心地はフツーでした。

握りやすさは結構クセになる感じでした。

見た目の問題もあって、人を選びそうですが、変わり種の一本として持っていてもいいかもしれません。

手の疲労に対して効果があるようですが、そこまで大量に文字を書き続けることも早々ないと思うので、どこまで効果があるかは微妙です。

 

また、スパイラル部分で、持ち手がほぼほぼ固定されてしまうので、書くときに回転させて芯の向きを変えるようなクセがある人は向ていないです。

芯径も0.5㎜なので、向きが一定だと芯の断面が広くなって、芯の向きも変えられないので文字を書きづらくなったりするかも。

人によっては結構ストレスを感じる場合もあるかもしれません。

 

個人的にはボディ部分のスパイラルよりも、グリップ部分の微妙な形状が結構好きでした。

色んなシャーペンの良いところを集めて

理想の一本を作れたらいいですね。

 

 

 それでは、今回はこの辺で。

 

www.mugen-macca.com