日商簿記取得を目指すブログ

36歳から始める日商簿記の勉強を綴ったブログ

MENU

すっかり忘れていた


スポンサーリンク

f:id:maccarser:20181025200341j:plain

こんにちは、ムゲンです。

 

最近、調子こいてBRL/JPYとか始めてましたが、肝心なことを忘れていました。

自分、裁量トレードの才能無かったんだった

これ重要です。

テストに出るのに忘れていました。

まぁ、正確には才能が無いのではなく、勉強不足というか意識が低いというか。

 

一応、もうFX初めて一年経つので、トレンドとかレンジとか、サポートレジスタンスとか、そういうの理解はしてるんですが。

あと、経済指標ね。

それでもやっぱり、我慢できなかったり、自分を信じられなかったり、とジリ貧で資金を削る毎日です。

 

始めたころはよくわからず、とりあえず少ないお金でいっぱいポジション持てる、南アランドで最初に入金した40万を半月で溶かしたのがFXさんとの出会いでした。(/ω\)

最近は、BRL/JPYがやっぱムズイということを理解して、早々に撤退しています。

どうも、自分は堅実な振りして、地道な積み上げが苦手なようです。

ハイレバレッジで身を亡ぼすタイプです。

 

そして、出会ってしまったIG証券のノックアウトオプション。

これがヤバ過ぎました。(笑)

厳密にいえば違うんだと思いますが、25倍以上のレバレッジで取引できちゃうようなそんなもんです。

ノックアウトオプションとは

IG証券で提供しているCFDのサービスで、ノックアウトレベルというものを設定すると、ポジションの強制損切りラインが設定されて、そこでの損失額が証拠金として拘束されるという感じで。

設定するノックアウトレベルによっては、25倍以上のレバレッジ相当のポジションが持ててしまうというものです。

これは、FXだけでなく、株価指数などのCFDも取り扱い銘柄にあるので、通所のレバレッジより高い世界で戦える、グレーな感じがする商品です。

 

スキャルピングで確実に利益が出せて、日本のレバレッジじゃ物足りないという人には絶好の商品だと思います。

実際に、証拠金1万円でUSD/JPYを1万通貨持つことも可能です。

通常は、25倍で4~5万くらいの証拠金が必要となると思うので、その4~5倍となる100倍~くらいのレバレッジで取引できちゃっているということですからね。

リターンは非常にすごいですが、その分リスクも高く、負け越した際にはほぼほぼ残金がゼロに等しくなるので、私のような中途半端なやつが手を出すと、確実に身を滅ぼします。(笑)

それでも可能性が無いわけじゃない

あんまり大金つぎ込むのは非常に危険ですが、毎月1万とか決めた金額入れて、増えたらラッキーくらいの感じでトレードするのはアリかもな、って思いました。

その利益でトルコリラを買い込む。(笑)

 

まぁいずれにせよ、上級者向けであることは間違いないですね。

初心者が1万あるなら、1000通貨で取引出きるFX会社で取引したほうが良いですよ。

1000通貨で取引できるFX会社は結構あります。

 

キャンペーンが豊富で楽しめるヒロセ通商。

約定力にも定評があって、スキャルピングを公認している数少ないFX会社です。

毎月、食べ物が貰えるキャンペーンをやっているのですが、過去に冷凍チャーハンをくれるキャンペーンで、頑張り過ぎて最大量の冷凍チャーハンが届いて冷凍庫がギチギチになったことがあります。(笑)

 

スマフォのアプリで経済指標を通知してくれるんですが、通知時に「ガオー」とライオンの鳴き声が鳴るので気を付けないとちょっと恥ずかしい思いをします。

特に、電源切っていて、オンにしたとたん、溜まっていた経済指標の通知が一気に来ると、「ガガガガガガガガオー」という感じになるので、ちょっとビビります。(笑)

1000通貨単位で取引可能です。

色々と面白いので結構好きです。

 

 高金利通貨のスワップが魅力のみんなのFX

最近、鈴木奈々さんがCM出てるところですね。

私はこの人あんまり好きじゃないんですが、みんなのFXは好きです。(笑)

トルコ戦士なら迷わず口座を持っていると思われるFX会社です。

私のような下級戦士でも使ってます。

最近は、トルコリラのスワップは、クリック365やサクソバンクに押され気味のようですが、それでも水準は高いです。

コチラもスマフォのアプリで経済指標を通知してくれますが、ライオンさんと比べるとワンテンポ遅いので私は通知切っています。

 

1000通貨単位で取引可能です。

裁量トレードのほかに、みんなのシストレというシステムトレードができます。

これは、他の人のトレードをミラーして自動売買するような感じで、やることはついていく人を選んで取引数量を決めるだけという、非常にやれることの少ないシストレです。

その反面、細かい調整や設定変更はできないので、負け越したときなどにどうリカバリーすればよいかわからないため、ヤキモキすることもあります。

最近は、グルトレの本家の人がみんなにシストレにAUD/JPYのグルトレを公開しているようで、結構気になっていますが先立つものが無いので傍観しています。

あとは広告貼れないので省略気味で

他にも、1000通貨単位で取引できるFX会社はいっぱいあります。

まぁ、興味があるなら自分で探してみてください。(笑)

あと、マネーパートナーズnanoは100通貨単位で取引可能です。

1通貨単位で取引可能なFX会社もありますが、私はそこまで細かくする必要性がよくわからないので口座は持っていません。

というわけで

裁量トレードでは、まだまだまともに戦えない私は、シストレを始めてみました。

最初はプログラムに任せて放置で稼げるなんて、そんな虫のいい話ないだろ、って思ってました。

実際、やってみると、思っていたよりも手が掛かったり、クセがあったりと、これはこれで結構楽しかったです。

私は、最終的にアイネット証券のループイフダンをメイン使っていますが、最近は手数料が下がったトラリピや、コアレンジャーで話題のトライオートFXなども有名です。

 

トラリピはやっていませんが、トライオートFXはコアレンジャー_豪ドル/NZドルがやって見たくてついつい始めてしまいました。(笑)

お金と時間に余裕があればトラリピもやって見たいですけどねぇ。

システムトレードは一度始めると、辞め時が難しいんですよね。

だから気軽に乗り換えできないというもどかしさはありますが、ちゃんと設定と資金管理をしていれば、間違いなく私よりは稼いでくれます。(笑)

 

 

 

それでは、今回はこの辺で。