日商簿記取得を目指すブログ

36歳から始める日商簿記の勉強を綴ったブログ

MENU

ノックアウト・オプション半端ないって


スポンサーリンク

f:id:maccarser:20181223233435j:plain

こんにちは、ムゲンです。

 

今日はIG証券のノックアウト・オプションに関して、使ってみた感想とか気になって問い合わせてみたこととかを書いてみます。

ノックアウト・オプションとは

IG証券が提供する、FXや株価指数、商品(コモディティ)を、リスク許容度に合わせて証拠金を選択して取引できるものです。

ちょっとこれだけだと意味わかりませんよね。

私も、ネットで「スゴイ!」って話を見て、何となくすごいのはわかったけど、意味がよくわかりませんでした。(笑)

 

簡単に書くと、絶対に変更できない逆指値(ノックアウト・レベル)を設定することで、最大損失額を固定してその最大損失額を証拠金とする感じです。

ポジションはロングとショートではなく、ブル(上昇)or ベア(下落)のどちらかの銘柄を買うことになります。

FX観点で言えば、ブルがロングポジションで、ベアがショートポジションと理解すればいいと思います。

 

私はFXでしか使っていませんし、FXでしか使う気が無いので、以降は株価指数等の別の銘柄に関しては一切考慮しない形で記載していきます。

実質レバレッジ100倍以上!?

ノックアウト・レベルを設定した値によって、必要な証拠金が変わるため、通常のレバ25倍の金額とは大きく異なった金額になります。

USD/JPYだと111円として、いまなら1万通貨で証拠金は大体45000円くらいですね。

これを、ノックアウト・オプションで取り扱うと、1万通貨で5000円くらいにも設定可能なんです。

実質、220倍以上のレバレッジになります。

 

実際に、100Lot(100万通貨)を、20万ちょっとの証拠金で持つことができました。

少ない元手で大きな取引が可能ということです。

もちろん、その分リスクも半端ないですよ!

上記の設定を20万ギリギリの口座資金で実行すると、20pipロスると全額なくなりますからね。

ノックアウトレベル

この、ノックアウトレベルがノックアウト・オプションのキモですね。

よく言えば、「頼れる名ストッパー」という所でしょうか。

ノックアウト・オプションで持つポジションに対して、絶対に変更できない逆指値を設定するイメージです。

 

ただ、価格表示がちょっとわかりにくかったです。

例えば111円12.3銭の場合、FXだと111.123と表示されますが、ノックアウトオプションだと、111123とすべて繋げた凄まじい桁数の数字で表示されます。

この辺は気合で脳内変換してください。(笑)

111円のロングポジションを持ったとして、110.800円まで下がったら損切りする場合、ノックアウトレベルは110800と設定します。

設定できる間隔や最低値は、通貨ペアによって異なりますし、その時のボラリティによって変動するようですので、約定する際には注意しましょう。

 

ちなみに、このノックアウトレベルとは別に、通常のFXと同じで指値と逆指値も設定可能です。

指値と逆指値の設定は必須ではありませんが、ノックアウトレベルの設定は必須です。

 

ここで設定したノックアウト・レベルに該当する価格までレートが移動すると、強制で決済されて証拠金が没収されます。

損切りみたいなもんですが、徹底的に違うのが、どんなに相場が荒れて激しい値動きをしても、必ずその値段で決済されるという所です。

スリップしないので、想定以上の損失を出すことは絶対に無いということになります。

これちょっとスゴイですよね。

ただし、その場合にはノックアウト・プレミアムという手数料がとられます。

ノックアウト・プレミアム

名前からは何かステキなことが起こりそうな気がしますが、残念ながらノックアウトした際の手数料の名前です。

ネーミングセンス。。。

ノックアウト・プレミアムは、新規約定時にノックアウトレベルで決定する証拠金に含まれています。

ですので、新規約定した時点で発生しうる損失に加味されているので、追加で発生するというよりは最初から取られてるイメージです。

 

ただし、この手数料が徴収されるのはノックアウトした時だけで、手動での損切りや利食いの決済や、逆指値と指値での決済時には返還されます。

つまり、ノックアウトが発生した場合にのみ、スリッページを0で固定することを保証するための手数料、ということですね。

ですので、ノックアウトが発生しなければ不要なので返してくれるという新設設計です。 

スワップもあるってよ

スワップもちゃんと発生します。

日本時間の朝7時(ロンドン夏時間鯛は6時)に集計されて口座残高に反映されます。

土日分は通常の水曜日分(木曜の朝)に3日分発生します。

でも、そんなに高くないと思います。

ただ、ノックアウト・オプションで入れば取引きする場合は、翌日までポジションを持ちこすことがあまりないと思うので影響はなさそうですが。

取り扱っている通貨ペアは14種類(2018年12月現在)

スプレッドは若干広めですが、それでもメジャーどころは許容範囲内かと思います。

 以下が、通貨ペアとスプレッドです。 

  • USD/JPY 0.6
  • AUD/USD 0.9
  • EUR/GBP 2.0
  • USD/CAD 2.5
  • EUR/JPY 1.5
  • GBP/JPY 2.5
  • NZD/USD 3.0
  • USD/CHF 2.4
  • AUD/JPY 1.3
  • EUR/CHF 2.0
  • EUR/AUD 4.0
  • GBP/CHF 5.0
  • EUR/USD 0.6
  • GBP/USD 1.5

大体、よくある最狭スプレッドと比べると2~3倍という所でしょうか。

普通のFXやるのであればやっぱり広い(高い)と思いますが、このレバレッジの手数料だと思えば何となく納得できる気がしています。

例のごとく、時間帯や相場のボラリティによっては変動する可能性があるのでご注意ください。

問い合わせた内容

そうそう、これが本題でした。

使ってみて疑問に思ったけど、どこにも明記されていないことがあったので、IG証券さんのヘルプデスクにメールで問合せしてみました。

一回の約定で取引可能なLot数に関して

これは、私が使った感じだと、100Lotに制限されている感じがしました。

でも、それがどこにも明記されていなく、よくわからなかったので問い合わせてみました。

ハイレバで取引できるといっても、最大取引数量が制限されているのであれば、使える範囲が限られてきますからね。

 

で、答えは、一回の約定というよりは、同一のノックアウトレベルでの保有が100Lotまでとのことでした。

2019/01/22 追記

以下の7通貨ペアでロット数が100⇒200に引き上げられました。

USD/JPY, EUR/USD, AUD/USD, AUD/JPY, EUR/JPY, GBP/JPY, GBP/USD

需要あるみたいですね。

みんな、儲かってんだなぁ。。。

複数ポジション持てるのか?

上記の質問に関連しますが、一回のロット数が制限されているなら、複数ポジション持てば数量増やせる?という意味合いの質問でした。

これも、使っていて何となくなんですが、複数ポジションは持てない感じがしました。

 

で、答えは、上記の通りで、同一のノックアウトレベルでは100Lotまでだそうです。

追加で注文する場合は、ノックアウトレベルを30pip以上離す必要があるとのことです。

試してみましたが、ノックアウトレベルだけでなく、逆指値も30pip離さないとダメみたいですね。

一度にたくさんの約定を入れるな!という感じなんですね。

実質、MAX100Lotで運用するのが妥当ですね。

実際にやった結果どうだったか

まず、一言でいうとすごかったです。(笑)

一週間で、口座資金がデイリーで、70万⇒50万⇒40万⇒20万⇒100万と、すさまじい変動っぷりでした。

この口座資金で最終日に一気に+80万とか正気の沙汰じゃないですよね。

最終的に週間の収支は何とかプラスで終われましたが、20万の時には会社で目が死んでると言われました。(*‘ω‘ *)

 

基本的に100Lotで勝負しまくった結果です。

20万まで落ちたときは、50Lotまで下げましたが。

ノックアウトレベルは、基本的に-20pipくらいを目安に入れていました。

 

通貨ペアは、USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、EUR/USD この辺を使いましたが、一番相性が良かったのはEUR/JPYでした。

先週は、USDが弱かったので、EUR/USDもいまいちパッとしなかったりして、EUR/JPYの値動きが一番やりやすかったです。

GBPは普通にやばかった。(笑)

  

完全にスキャルピングで、入るタイミングがすごく重要になります。

Lot数が大きいので、10pipでも利益出ればかなりデカイんですが、精神的な負担が半端なかったです。

1000万通貨で取引している人とか、マジで尊敬しますが、自分にはムリっぽいです。

20万まで落ちたときに、自分は裁量トレードのセンスが無かった、というのを思い出して絶望しているときの目がやばかったらしいです。(;´∀`)

 

今後も続けようとは思っていますが、口座資金は絞って毎月決めた金額だけ使って、増えたらラッキーくらいのノリでやるのが、精神的にも資金的にも良い気がします。

もはや投資ではないですね。(笑)

 

 

それでは、今回はこの辺で。