日商簿記取得を目指すブログ

36歳から始める日商簿記の勉強を綴ったブログ

MENU

想定外ばっかりの確定申告2018年度版


スポンサーリンク

f:id:maccarser:20190310234638j:plain

こんにちは、ムゲンです。

 

そろそろ確定申告の期限が迫ってきているので対応中です。

まだ終わってねぇのか!

という突込みは無しで。

色々とうまくいかないんだ。。。

確定申告での失敗談

まだ終わってないですが、記憶喪失になる前に今回の失敗を書いておきます。

 

Internet Explorer 11しか使えない

これ自体は別に失敗ではないんですが、これのせいでやる気がそがれて、e-Taxできないのに気が付くのが遅くなったんだぞ!

とりあえず、責任を押し付けてみましたが、これ本当にひどいと思いますよ。

今時、IEのみってさ、Edgeに対応しろとは言わないけど、せめてCromeくらい対応しとけよ。。。

おそらくこの制限のせいで、対応できない人はいないと思いますけどね。

Windows10の人は、ちょっとだけ、めんどくさいですかね。

JPKI利用者ソフトのインストール

これは初回の作業開始時にPCに環境を設定する作業です。

なんかのソフトをインストールされます。

このインストールが、なぜか初回はうまく動かずに延々と待ってましたが、あまりにも遅いので一度ぶち消して再実行したらすぐに進みました。

5分待っても先に進まなかったら、怪しいので一度止めてやり直したほうがいいです。

利用者識別番号ってなに?

これが、最初にいちばん躓いたところです。

なんか、当たり前のようにこの番号を求めてくるんですが、おそらくマイナンバーを使ったオンラインの手続きを一度もしたことが無い人は、持っていないものだと思います。

 

あまりにも当たり前のように求めてくるので、思わず自分が忘れているだけかと思ってパスワードの初期化とか色々試してしまいました。

ですが、よくわからない説明をずっと読んでいって、これ多分発行されていないな、と気が付いて、新規発行する手段を探し出して新規登録しました。

こういう所がひたすらわかりずらいですね。

添付書類のほとんどは省略可能だけど

これは、マイナンバーの恩恵ですね。

源泉徴収票などの添付書類が、値の入力のみで提出不要になります。

後述しますが、ふるさと納税の寄付証明書も不要なようです。

それでも、5年間は保管して、提出を求められたら出せるようにしておかないとダメみたいですけどね。

 

で、この素敵な制度も完ぺきではなく、FXなどで経費を計上する場合、その領収書は支払いがマイナンバーと紐づいていないので提出が必要になります。

んー、微妙だ。

私は、書籍代で2万くらい計上しているので、確定申告自体がオンラインで終わらせることができても、必要書類は提出しなければいけないので、これではあんまり意味がないですね。。。

e-Tax微妙だな、と思ってしまった1件でした。

 

調べていくと、電子媒体(PDF)で提出することもできるらしいのですが、どうやら別の方法のe-Taxじゃないとダメらしいです。

よくわからなかったので、電話して聞いてみたんですが、結局よくわかりませんでした。

説明はしてくれたんですが、むこうが知っていることをコッチも知っている前提で話すような人だったので、説明というか読み聞かせというような感じでした。

こんな説明で理解できるようであれば、そもそも電話なんかしませんよ。。。

マイナンバーカード作成時の落とし穴

これが、今回最大の落とし穴でした。

仕込んだのはマイナンバーカードを交付した時なので、おそらく1年以上前になると思います。

結果として、今回の確定申告では、e-Taxを使うのをあきらめることになりました。

署名用電子証明書のパスワードが未登録だった

マイナンバーカードを作る際に、役所で手続きをするんですが、その際に暗証番号を4個設定することになります。

①「署名用電子証明書用」の暗証番号

②「住民基本台帳事務のアプリ」の暗証番号

③「券面事項入力補助用のアプリ」の暗証番号

④「利用者証明者用電子証明書」の暗証番号

 

この中で、e-Taxで確定申告を行うためには、①と②と④が必要になります。

そして、私がマイナンバーカードを発行した際に、なぜか①の暗証番号を設定していなかったんです。

 

どうにかならないかと思って、マイナンバーの窓口に電話してみましたが、未登録の場合は役所に行って登録しないとダメだと。 

今から役所に行く時間はさすがに無い。。。

というわけで、仕方なく今回はe-Taxを使うのを諦めたというわけです。

 

しかもね、たちの悪いことに、これに気が付けるのが書類すべて揃えて、内容も記載し終わって、最後に送信するぞ!というタイミングで気が付くんですよ。

えー、いまさら?みたいな。

これまでの入力した情報すべてが無駄に。

最初に聞いてくれれば、そもそもの部分で止まれたのにな。

そもそもなぜ未登録なのか?

ちなみに、他の3個はちゃんと登録しているんですよね。

あんまり覚えていないんですが、他の3個は4桁の数字のみで、①は6文字~16文字の英数字を使った暗証番号になるもので、長くて悩んでいたら役所の人に、それは登録しなくてもe-Taxの確定申告にしか使わないので後でも大丈夫ですよ、と言われた記憶が蘇ってきました。。。

まさに説明通りですね。(笑)

嘘をつかれたわけでもないし、明らかにこっちに落ち度がある状況です。

 

ちゃんとやっておけばよかった。。。

っていうか、それくらい必須にしてくれよ。。。

あとでも登録できるのかもしれないけど、毎日役所に来ているあんたらと違って、こっちは平日の昼間に役所なんて行く機会そうそうないんだからさ。。。

 

マイナンバーカードを作成する際は、必要ないと思っても、必ずすべての暗証番号を設定しておくことを強くオススメします。

設定して損するものでもないですからね。

ちなみに、一度設定してあれば、あとはPCからオンラインで暗証番号の変更もできるようになります。

初期設定もできるようにしてくれればいいのに。。。

カードリーダーがカードを読み込まない!?

これは、一度使えるのを確認した後に、また使おうとしたらカードリーダが急に読み込まなくなりました。

カードの抜き差しや、リーダー自体のUSB抜き差しもしたけど復旧せず。

昨日は使えたのに。。。

 

で、そういえばPCが昨日からつけっぱなしだったので、最後の望みとしてPCの再起動を行ったらなんか直りました。

意外と原始的な方法で直りました。

 

再起動最強。

FXなどの収支がエグかった

金額的に再度心をエグられるというのもありますが、去年はとにかく色々と試してみたことが多くて。

私は2018年から本格的にFXを始めたんですが、とにかく色々と試してみたので、集計しなければならないFX会社がたくさんあります。

リストにしてみてちょっと引きました。(笑) 

  • GMOクリック証券(CFD、FX、365)
  • DMMFX 
  • 外為オンライン
  • 外為どっとコム
  • ヒロセ通商 
  • インヴァスト証券(FX、シストレ24、ETF)
  • アイネット証券
  • ひまわり証券
  • トレイダーズ証券(みんなのFX、みんなのシストレ、LIGHT FX)
  • マネーパートナーズ
  • IG証券(CFD、FX)

ざっとこんなところですね。

改めて、スゲー数ですね、アホですね。

()で記載されているところは、同じ会社でもその数分だけ報告書があります。

 

そして、この一件一件を個別に入力するっぽくて、かなり面倒くさかったです。。。

調べると、すべて合算でもいい、とか、すべて個別にちゃんと書く費用がある、とか。

なんか色々な情報が出てきて、何が正しいのかもよくわからない。。。

 

なんか、提出する税務署によっても変わるっぽいし、あとから何か言われて直すのもめんどうなので、絶対に問題ないはずの個別記入で対応しました。

今年は、扱うFX会社はだいぶ減ると思うので、来年はもうちょっと楽になるかな。。。 

 

そして、この辺の入力をしていて気が付いたのが、IG証券の必要書類がまだ手元になかったんですよ。。。

思い起こせば、1月に専用のメールフォームから依頼してるんですが、その後なんのレスポンスも無かった。

さすがにもう時間的な余裕がないので、メールで至急確認してもらうように、昨日依頼しました。

明日反応がなかったら、電話しないとダメだな。

 

まぁ、取引履歴で入力する数値はわかってるんですが、書類が無いと提出できないので結局完了にできないという。

もう、どうなってんのかね。

普段はクッソどうでもいいことで、日中にバンバン電話かけてくるくせに。

こういう、ガチで重要な所で手を抜かないでほしいですね。

その他

というわけで、e-Taxはもうあきらめて、書面で提出する方向にかじを切りなおしました。

提出方法は、直接持っていくか、郵送のどちらかですが、私は平日は単身赴任で終わりの見えない出張中なので、平日に提出に行くのはハードルが高い。

というわけで、郵便局から郵送ですかね。

 

郵送だと、返信用の封筒の用意しなきゃいけないですが、まぁそれぐらいで済むなら全然楽ですからね。

直接提出しに行くとなると、交通費だけでかなりの金額になるので、やっぱり郵送一択ですね。

 

データの再作成は、e-Tax用と書面用では全く別物扱いのようで、全部最初から入力することになりました。

まぁ、一度に入力良くした情報なので、迷うことはなく、ただただ面倒くさいだけなんですけどね。

書面作成モードでは、無駄(?)なブラウザの縛りもなく、すべて一度入力したものなのでサクサクと進みました。

 

後は、IG証券待ちです。

これ下手したら、15日までに間に合わないパターンかもな。。。

なんか、期間を過ぎた1週間後くらいでも、さりげなく送付すれば何とかなるらしいですけどね。

これは経験者から聞いた話なので、それなりに信ぴょう性があります。(笑)

ふるさと納税は全く問題なかった

ふるさと納税は、寄付した証明書がそろっているので、特に改めて準備もなく、単純に入力して終わりました。

簡単でした。

しいて言うなら、複数個所に寄付していると、入力が面倒くさいということくらいですかね。(笑)

今年は寄付先とタイミングを絞って、確定申告の手間を減らしたいなあ。

しいて問題点を上げるとしたら

寄付した自治体がプルダウンのリストから探すんですが、市区町村が都道府県で絞った後でも、探すのにちょっと時間が掛かりました。

確定申告のシステム的に、検索とかできたら楽なんですけどね。

 

 

あと、寄付証明書には市区町村しか書いてなくて、どこの県なのかわからなくて、探すのにひと手間掛かったりもしました。

この辺は、自治体の方で改善してほしいですね。 

 

とにかく、資産運用していなければ、これだけの手間で済むんだし、ふるさと納税はやらなきゃ損ですね。

FXとか違って、基本的には損することは無いわけだし、未だにやっていない人が多いのでどんどん勧めていきたいですね。

さいごに

というわけで、結局e-Taxできなかったし、そもそもIG証券待ちで完了できていないという、中途半端な状況です。

期限が15日なので、今週の金曜日なんですが、なんか無理そうですね。

とにかく、明日の状況次第ですね。

 

あー、めんどくさい週末でした。

確定申告は早めに対応しましょう。(笑)

 

 

それでは、今回はこの辺で。